忍者ブログ
私、アルトが日々の練習の中で閃いた弓道に関する発見を紹介するページです。
Admin / Write / Res
<< 11   2016/12   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31     01 >>
[11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

手の内

みなさんこんにちは。アルトです。今日は、以前ご紹介した「人指し指の効果」について新たな閃きがありましたのでご紹介いたします。既に前回でご紹介したとおり、人指し指と中指の間を開くと手の内が小さくなり、それとともに下筋が効くようになります。ところが、この方法には一つ注意しておかなければならないことがありまして、人指し指を開くということは手の内が小さくなる代わりに手の内が固くなってしまうというデメリットがあります。つまり、弓構えで手の内を整える時から人指し指を開いてしまうと、打ち起しから大三(正面)、もしくは弓構えから打ち起し(斜面)への移行がスムーズにいかなくなるのです。ヘタをすればベタ押しや握りこみ、手の内が入らなくなる・・といった結果を招いてしまいます。ですからこれをやるときは正面の場合なら大三を決めてから、斜面の場合には打ち起こしてからということを覚えておいて下さい。それさえ気を付けていれば、虎口がしっかりと握りに密着するため最後の離れの瞬間まで手の内が弓の力に負けることなく押し切れるので角見もよく効き、弓の力を最大限に矢に乗せることができると考えています。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret(管理人のみ表示)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2016/12 01
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
HN:
アルト
年齢:
38
性別:
男性
誕生日:
1977/12/20
職業:
弓道人?
趣味:
弓道
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Copyright ©  弓道閃き小ネタ All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]